就職してから健康のことを考えてサプリメントをいくつか飲むようになりました。

しかし最初はただなんとなく飲んでるだけで、このまま続けて行く意味って本当にあるのかな?そう疑問に思っていたのです。

そこで少し前にとある栄養関係の本を読んで思ったのですが、ちょっとこれは見逃してたなという事があることに気付かされました。

まずサプリメントって、普通は説明書に書かれている通り1回何錠とかってそのまま飲んでいたんですが、その通りに飲んでどれくらいの目的としてる成分が取れるのかってところをチェックしないとダメなんだなって思いましたね。

それ以前に私が全くチェックしていなかった点は、まず一般的にどれくらいの量までなら副作用の心配がないものなのか?ってことと、それをふまえて自分にとって最適な量はどれくらいなのか?ってことをハッキリさせた上で飲むべきだっていうことに気付かされました。

それが分かってないとせっかく続けても、効いてるのか?効いてないのか?よくわからないままただ何となく飲んでるっていう状態になってしまう。今までの私はまさにそれっていう状態でした。

だからこれからは今使ってるサプリメントの運用の仕方から見なおしていこうって思ってます。

そうなるとたぶん今飲んでる量よりも多く消費するようになると思うので、コスト面の見直しもしなければならなくなりそうです。

ちょっと面倒臭い気もするんですけど、せっかく使うなら効果的でないと意味がありませんからね。ちゃんと修正しようと思います。自分のために。